2022年05月14日

銀河中心ブラックホールの撮影

 急にブログが忙しくなってきました。5月10日のブログに続き、今回は5月13日(金)の日経新聞朝刊の記事の紹介です。内容は、銀河中心にあるブラックホールの(シャドウの)映像が撮影された、というものです。これは5月12日の夜の記者会見で発表されたので、ほかの新聞にも同様の記事があると思われます。なお、より詳しい解説が国立天文台ホームページにありますので、そちらをご覧ください。
 実はすでに同様の観測報告が、M87銀河中心のブラックホールについて行われており、これは2019年4月の記者会見で発表されました。これについては、2019年12月21日の駿台天文講座で、プロジェクトメンバーの秦和弘先生にお話ししていただいています。同様の観測とはいえ、今回のブラックホールは宇宙の中では私たちの至近距離にある巨大ブラックホールであり、何かあれば地球にも影響が及ぶ可能性があります。ぜひ詳しい説明を聴きたいものです。

posted by 駿台天文中嶋 at 16:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: