2022年05月10日

日経記事「宇宙誕生『一番星』に迫れ」

 5月8日(日)の日経新聞朝刊に、表記のようなタイトルの記事がありました。内容の概略は、以下の通り:
*最近、宇宙誕生後間もない時期の天体(誕生後9億年の恒星、3億年の銀河)が次々に発見された。
*発見された天体は、元素組成や明るさなどが理論値と異なるなど、新しい発見があった。
*このような天体の観測をさらに進めれば、初期宇宙に関する見方が大きく変わる可能性がある。
*2021年に打ち上げられた「ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」が今夏にも観測を開始し、宇宙の長い歴史の中で空白になっている進化の始まりが解明される期待が高まる。

 駿台天文講座では、この初期宇宙の研究について、6月18日には柏川先生の「初期宇宙の観測的研究(仮題)」、また8月20日には記事にお名前のあった播金先生の「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡と期待される成果」という講演を予定しています。
posted by 駿台天文中嶋 at 15:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: