2020年04月27日

ハッブル望遠鏡30年(日経記事)

 日経新聞の4月27日朝刊の記事です。「宇宙のサンゴ礁」と呼ばれる星雲の写真が、ハッブル望遠鏡打ち上げから30周年の記念の写真として公開されました。「赤い星雲」と「青い星雲」と書かれていましたが、紙面の記事は残念ながらモノクロだったので、NASAのページからカラー画像を引用します:stsci-h-p2016a-m-2000x1374.png
 これらは大マゼラン雲の中の星雲で、赤い方は NGC2014、青い方は NGC2020 だそうです(!)。

 ところで5月の駿台天文講座ですが、実施か否かは、学校の授業再開の状況を見て決定される見通しです。結論は、もう少しお待ちください。
posted by 駿台天文中嶋 at 11:51| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
先生の記事モノクロだったと書かれていたので、思い出しました。画像とてもきれいですね、これ確かESOのVLTで撮った?ですが。
以前NASAのサイトの沢山のきれいな写真を見た当時小学生だった子から夜お空見てもこんなにきれいな色見えないけど、望遠鏡だと見えるのと聞かれたことがあり、写真の中にはNASAの人たちが分かりやすく色を付けているのもあると話したら理解できないようでなので、蝶々が紫外線まで見えることと人には見えない蝶々の紫外線で見た写真を見せて、これもきれいに見えるようにしたものだと話して分かってもらいました。
Posted by 神子嶋博雄 at 2020年05月06日 17:45
ハッブルの記事の画像なので当然ですがNASAのHubble Marks 30 Years in Space with Tapestry of Blazing StarbirthでしたESOのVLTではありませんでした。すみません。
Posted by 神子嶋博雄 at 2020年05月06日 19:37
神子嶋様,コメントありがとうございました.蝶々の紫外線の話はかえって分かりやすいですね.今後私の話でも活用させていただきます.

今回のハッブルの写真は,30周年記念でNGC2020の写真を出した,というところがポイントなのですが,いろいろな新聞や報道の記事ではこれに全く気付いていませんでしたね.一つだけ,Astroartsの記事が解説なしでNGC番号を載せていました.
ちなみにNGC1990を調べてみたところ,これは全く写真にならない星雲でした.
Posted by 中嶋浩一 at 2020年05月12日 11:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: