2017年10月08日

今年のノーベル賞,日経新聞10月8日(日)朝刊

 今年のノーベル賞の,物理学賞,化学賞,生理学・医学賞について,たいへん要を得た解説が日経に掲載されています.物理学賞の重力波については,このブログでぜひ取り上げなければならないと思っていたのですが,たいへん良い解説が出ていますので,これを紹介してお茶を濁すことにします.記事の書き手は,10月に駿台月例講座でお話しいただく中島林彦記者です.
 重力波は,この8月14日に早くも4回目のイベントが観測されました.LIGO グループの解説記事は こちら.今回の観測の特徴は,初めてイタリアの観測装置 Virgo が観測に参加した,ということです.おかげで3箇所での観測が可能になり,重力波発生源の天球での位置がかなり絞り込まれたようです.これで他の観測(可視光や電波,X線など)との同時観測が可能になれば,まったく新しい天文学分野が開かれることになると思われます.日本の KAGRA の1日も速い完成が待たれます.
posted by 駿台天文中嶋 at 11:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: