2017年08月15日

小惑星、10月に地球接近(日経新聞、8月15日朝刊)

 記事概要は「TC4 という名前の小惑星が、10月に地球に4万4000kmまで接近すると、欧州宇宙機関(ESA)が発表。大きさは 15〜30m 程度。」というものです。ESA の発表ページは こちら(英文)。米国 NASA, JPL の地球接近天体研究センター(CNEOS)のページは こちら(英文)。
 最接近するのは10月12日ころで、4万4000km というのは静止衛星の軌道 3万6000km のすぐ近くです。地球に突入する確率はゼロですが、仮に突入すれば、6月に柳澤先生の講演にあったチェリヤビンスク隕石と同程度の爆発になると考えられます。
 各国の天文台などが協力して観測を行う予定で、地球接近天体に関する新知識が得られるだけでなく、その監視の国際協力体制の整備にもつながり、いろいろな成果が期待されます。駿台講座は、ちょうど1月19日が吉川先生のお話になっております。乞うご期待。
posted by 駿台天文中嶋 at 10:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: