2019年11月23日

日経記事「はやぶさ2 ささえる研究者」

 11月20日の朝刊の記事です。7人の研究者のお名前と、それぞれの役割が書いてありました。たとえば「りゅうぐう」表面の数百個の岩石についてそれぞれの高さを求める、というような地道で骨の折れる仕事を皆が分担し、綿密なすり合わせを行ってプロジェクトを成功させた、というような内容でした。あまり表舞台に出ないような地道なお仕事について、その苦労話をぜひお聞きしてみたいと思います。
posted by 駿台天文中嶋 at 23:22| Comment(2) | 日記

2019年11月13日

11月8日、朝日新聞夕刊記事、木曽天文台のトモエゴゼン

 標記の朝日新聞記事(webページは こちら)に、東京大学木曽天文台の新観測装置「トモエゴゼン」の紹介が出ていました。(朝日新聞のwebページ記事は、無料会員登録で1日1本、全文を読むことができます。)
 これまでの天文観測は「1時間露出」などというのがあたりまえでしたが、この「トモエゴゼン」は、超高感度CCDカメラを用いて「0.5秒露出」で観測します。これにより、これまでは不可能だった突発的な瞬間現象の捕捉、あるいは高速移動天体の発見、などが可能となり、天文観測に新しい世界が開けます。実際、試験観測を含めた観測期間(1年未満)の間に、すでに3個の地球接近小惑星を、高速移動天体として発見しています。また近年は「高速電波バースト」なる瞬間現象の存在も明らかになり、未知の新たな天文現象の発見も大いに期待されます。
 来年度の駿台天文講座の有力候補です。
posted by 駿台天文中嶋 at 17:58| Comment(3) | 日記