2016年11月15日

天文ニュース解説ページ

 前回の記事でお知らせした「天文ニュース解説ページ」に重力波の解説記事を掲載しました.埼玉県私塾協同組合SSKの機関誌への掲載記事です.この機関誌にこれから何回か連載する予定ですが,今回はその第1回のものです.この解説の目指すものは,教科書的な勉強解説でなく,読者との接点をよく考えた解説ということなのですが,たいへん難しいと思っています.苦労した工夫の跡を見てもらいたいと思います.

 読者との接点という意味では,今週の駿台講座の「超ひも理論(超弦理論)」はさらにたいへんな難物で,いま大いに悩んでいるところです.何か一般の人々の生活実感に結びつくものはないかと,一生懸命 考えています.
 「宇宙の神秘について常に考えている人」や「宇宙の果てや宇宙の終りについて思い悩んでいる人」にとっては超ひも理論は大いなる接点があり,これについては10月の月例講座でお話ししました.すなわち「宇宙の始まり」の大きなナゾを解くカギになるかも知れない,ということです(参考).しかし人々の日常生活との接点は,まったくと言ってよいほど見い出せないですね.
 このような視点から超ひも理論の解説記事を書こうとしているのですが,土曜日までには間に合いそうもありません.とりあえず杉本先生のお話しを聴いてからまた考えてみます.
posted by 駿台天文中嶋 at 23:07| Comment(0) | 日記