2015年09月10日

準惑星ケレスの謎の光

今度は準惑星ケレスの探査のニュースです.息つく暇もないですね.
日経新聞10日の夕刊に,NASAの探査機ドーンの最新の映像が出ています.早速NASAのホームページを調べたところ詳しい画像がありました(こちら).説明文はほとんどなく,まだまったく謎のままのようでした.写真は2段階の露光を合成したものだということで,実際のあかるさはまばゆいばかりなのではないかと思われます.
この写真の一つ前の,8月19日撮影の不思議な山の写真も注目です(こちら).高さ6000mの,キラキラ輝く氷の女王の山でしょうか.
ーーーーーーーーー
K.S.さん,前回もコメントありがとうございました.9月6日の朝日新聞では,ISSで日本の存在感が増しているが予算はどうなるのか,と書いてありました(こちら).
posted by 駿台天文中嶋 at 17:00| Comment(0) | 日記

2015年09月07日

彗星探査機ロゼッタ,その2

前回に続き,もう少し調べました(K.S.様,コメントありがとうございました).
探査機ロゼッタがチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に到着したのは昨年の8月6日で,それから数ヶ月の間にロゼッタが調べたことの研究成果報告が,2015年1月23日号の科学雑誌『Science』に特集として報告されています.
また,着陸機フィラエが着地したのは昨年11月12日でしたが,この時はたまたま日陰になる場所に着地したため太陽電池が働かず,休眠状態になってしまったのでした.しかし休眠になるまでの63時間にフィラエが調べたことの研究成果報告が,2015年7月31日号の『Science』に,8本の論文として報告されました.これの紹介が,日経新聞電子版の「ナショジオ」8月23日の報告です.特に,生命の元になるような有機物質がいろいろ確認されたというレポートが注目されます.コズミックフロントの内容も,この辺のことのようです.
前回報告のように,この6月にフィラエが休眠から覚めて活動を始めたので,現在さらにたくさんの画期的な測定データが得られているものと思われます.総合的な報告は,また1年後くらいになるものと思われますが,断片的な発見報告だけでも早く知りたいものです.
posted by 駿台天文中嶋 at 19:25| Comment(1) | 日記